姫路キャスパホール

姫路駅前にある姫路市営の多目的ホールのホームページです。

第21回 今日も元気だ!茂山狂言

0119公演のロゴ画像(jpeg)

日時

令和2年1月19日(日曜日) 13時30分開演 / 13時00分開場 

場所

姫路キャスパホール

出演

茂山あきら、茂山千五郎、茂山茂、茂山千之丞、網谷正美、丸石やすし、島田洋海、増田浩紀、山下守之

演目・あらすじ

解説&ミニワークショップ
狂言を楽しくご覧いただくために、狂言についてや演目についてわかりやすく 解説いたします。また会場の皆さんも一緒に狂言を体験して、その面白さをもっと身近に感じてみてください。

「禰宜山伏(ねぎやまぶし)」
旅の道中、禰宜が街道の茶屋で一服しています。通りかかった山伏が、禰宜に対してなにかと難癖を付けはじめ、挙句の果てには肩荷の箱まで押し付けてしまいます。 この様子を見咎めた茶屋の主人は、計らいに主人の所有する大黒天を、双方の祈祷で祈り比べて勝負するよう提案します。
禰宜山伏の舞台写真
©川西善樹

「仏師(ぶっし)」
御堂を建立した男が、安置する仏像を買い求めようと都へ出かけます。仏師を探し求めているところへ、あらわれたのはすっぱ(シテ・詐欺師)。すっぱは自分は仏師で、仏像は翌日までにできあがると言います。男が翌日すっぱをたずねると、仏像はできあがっていましたが印相がおかしいと思い、直してもらおうと仏師を呼びますが、、、
仏師の舞台写真
©上杉遥

「かけとり」新作狂言
大晦日、方々に借金を抱えた男が金策のために走り回ったもののお金は集まらず、仕方なく家に帰ります。男が帰宅したところを見計らって、大家が家賃の取り立てにやってきます。困った男は女房と相談。能楽が好きな大家を、上手く能楽に乗せて追い返そうとします。まんまと乗 せられた大家は、喜び勇んで帰って行 きました。その次に酒屋が取り立てに やって来ます。 落語「掛け取り」を題材に茂山逸平が書き下ろした新作狂言です。
かけとりの舞台写真
©桂秀也

料金

一般     4,000円
高校生以下  2,000円(全席指定・消費税込み)
 ※未就学児童の入場はご遠慮ください。
 ※高校生以下の方は、学生証の確認をさせていただく場合がございます。
 ※車椅子席をご希望の方は、姫路キャスパホールでチケットをお求めください。 座席に限りがございます。

発売日
姫路市文化国際交流財団友の会会員 10月15日(火)午前9時~
一般  10月17日(木)午前9時~
※友の会及び一般発売 初日の電話予約は、午前10時から受付いたします。

チケット発売場所

姫路キャスパホールプレイガイド  TEL 079-284-5806
姫路市文化センタープレイガイド  TEL 079-298-8015
パルナソスホールプレイガイド   TEL 079-297-1141
ローソンチケット   TEL 0570-084-005(Lコード:52016)


ページのトップへ戻る