姫路キャスパホール

姫路駅前にある姫路市営の多目的ホールのホームページです。

4.当日のお願い

守っていただくこと

みなさまに気持ちよく安全にご使用いただくため、以下の事をお守りいただくようお願いします。
・使用を許可された場所以外へは、立ち入らないでください。
・火炎、爆発その他危険が発生する恐れのある行為はしないでください。
・非常口、消火設備のまわりに物を置かないでください。
・飲食は所定の場所でお願いします。
・ビル内での喫煙は絶対にしないでください。
・他人に危害、迷惑を及ぼす恐れのある物品、動物などを携行しないでください。
・ホールを汚損したり、き損したりすることのないようにお願いします。
・ビル内の非常放送が流れた場合、一時催物を中断し安全確認を行います。
 ホール事務員・舞台係員の指示に従ってください。
 ※安全が最優先となるため、非常放送は本番中であってもホール内に流れます。


許可書の提示・携帯

使用者は、使用許可書を携帯し、求められた場合は提示してください。


定員厳守・立見に関して

ホールの定員は331名、車いすエリア利用時は328名です。
消防法の規定により、立見は絶対に出来ません。
非常時の安全確保の為にも、定員は必ずお守りください。
※ホール内の通路は全て非常用通路を兼ねておりますので、車いす・ベビーカーなどを客席内に
 置いたままでご鑑賞いただくことはできません。必ず車いすエリアをご使用ください。
※ビデオ撮影の際の三脚の設置なども通路には置けません。客席内に設置してください。


時間厳守

許可された使用時間には、準備・後片付け・撤収に要する時間を含みます。
次の使用者に迷惑がかからないよう、許可された時間内に全てが終了するよう、時間を厳守してください。


責任者・係員の配置

ホール内の秩序を保ち、緊急避難や非常事態に対応するため、催物の管理責任者、舞台責任者を置いてください。

使用者の自主管理、警備が原則です。
次のことについて必要な係員を決めて配置してください。
◇入場者の整理要員・・・観客整理、警備、避難誘導、ドアの開放等
◇楽屋等の整理要員・・・盗難防止のための出演者控室、楽屋等の監視
◇連絡係員・・・外部からの電話対応、観客の呼出し、場内放送等の連絡係


受付の準備

受付用の机、椅子や掲示用ホワイトボードは受付用備品倉庫(ホール1番扉横)にあります。
自由にご使用ください。
※ホワイエ内に避難路・導線を確保した上で設置してください。ホールガラス扉の外側は
 ビルとの共有スペースとなるため、基本的に使用できません。
※ホール内の壁面・ガラス面・扉などにテープ類を使用しての掲示はできません。
 備品倉庫内のホワイトボードをご使用ください。
※文具などの消耗品はありません。ご持参ください。


設備・器具の取扱い

使用中は、設備・器具などは責任を持って管理してください。
破損・減失したときは弁償していただきます。

雨天時

濡れた傘の持込みはご遠慮願います。
ホール入口にご用意するビニールの傘袋をご利用ください。


片付け

現状復帰してください。
ホール・ロビー・楽屋の使用が終了したときは、設備や移動させた備品(机・椅子など)を、必ず元の位置へ戻して、終わったら楽屋鍵を守衛に返却し、利用報告書をご提出ください。


ごみの処理方法

使用者で持ち込まれた弁当ガラ等の生ゴミは、ゴミ袋(指定品・280円、ホール事務所にて販売)にいれて、所定の位置へお出しください。(ゴミ袋購入時にご説明します)
なお、生ごみ以外のゴミ箱に入る程度のゴミは清掃時に処理いたします。

1.使用の手続き

使用申請の方法

使用時間・期間

使用量の減免手続き

仮予約・仮押さえ

申し込み時の費用

使用中止

内容変更

使用許可の制限

暴力団排除条例に係る誓約書

2.準備と確認

舞台打合せ

舞台の操作

見学と下見

当日の費用

禁止行為の解除認定申請

ホールでの飲食・喫煙

物品販売

看板などの掲示

駐車場について

3.当日の手続き

費用の計算

楽屋の使用

楽屋での温水使用

コピー・FAXの使用

4.当日のお願い

守っていただくこと

許可書の提示・携帯

定員厳守・立見について

時間厳守

責任者・係員の配置

受付の準備

設備・器具の取扱い

雨天時

片付け

ゴミの処理方法

ご連絡・お問い合わせ

貸館の問合せ
舞台スタッフへのご連絡
TEL 079-284-5806
FAX 079-284-8048

ページのトップへ戻る