姫路キャスパホール

文字の大きさ

標準拡大
HOME > 新着情報 > 【10/22~重要なお知らせ】文化施設の利用制限について
2021年10月23日 更新

【10/22~重要なお知らせ】文化施設の利用制限について

兵庫県では、9月30日に新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が解除されて以降、段階的な制限緩和措置を行っています。
この度、県の基本的対処方針が変更されましたので、姫路市におきましても、対処方針が決定されました。
それに伴い、現在実施中の姫路キャスパホールの利用制限を、以下の通り変更することとなりました。
利用者の皆様には、引き続きご理解・ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。
(以下は、姫路市の通知の重要部分を抜粋したものです。)

 

施設使用上の制限について

 

1 利用制限の内容と実施期間

(1)使用可能時間
   通常通りの開館時間内で利用できます。(利用可能時間の制限が解除されました。)

 

(2)使用人数の制限について
   令和3年10月22日(金曜日)~当面の間、以下の通りとします。

   ◆ 大声での歓声、声援などが想定されない場合
     収容人数の上限を、収容定員の100%とします(立ち見は不可)
     例:クラシック音楽、演劇、舞踊等の舞台芸術公演、式典、講演会、研修会等

   ◆ 大声での歓声、声援などが想定される場合
     収容人数の上限を、収容定員の50%とします。(立ち見は不可)
     例:ロックやポップスのコンサート、キャラクターショーや親子会公演等

   ◆ 展示室、会議室など座席や収容定員の定めがない貸室を使用する場合
     適切な間隔(密が発生しない程度の間隔)を確保して、ご使用願います。

 

2 新型コロナウイルス感染防止対策について
施設利用者の皆様に、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた施設利用に関するチェックリスト(PDF形式、145KB)を配付しますので、チェックリストに基づいて感染予防対策を実施してください。
使用者の皆様にも、感染拡大予防へのご協力をお願いします。
なお、チェックリストは、利用当日に必ず受付窓口に提出してください。

今後の状況により、上記の制限の実施期間や内容が変更されることがあります。

 

参考

公益社団法人全国公立文化施設協会
劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン
姫路市 新型コロナウイルス感染症対策本部会議
姫路市の主な対応
兵庫県
新型コロナウイルス感染症に係る兵庫県対処方針
知事のページ 寄稿・コメント・メッセージ
内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策
業種別ガイドライン
Language